2012年11月5日月曜日

シロクマに、描かれた文字から、広がる世界

月曜日の憂鬱な朝に、爽やかなパリの風をおすそわけ。

山田のぶらりパリ散歩旅のお時間です。

写真を中心にお楽しみください。

さて、今日はどこに行こうかな?

と、向かった先は…




そう、みなさんご存知エッフェル塔です。

形といい色といいやっぱり絵になります。

エッフェル塔の麓にあるシャン・ド・マルス公園には、くまさんがいっぱいいました。




Buudy Bearという世界平和を願った団体の展示会だそうで、

世界各国のデザインを身に纏ったくまさんがずらりと並んでいました。

それではその一部をご紹介しましょう。



イタリアのくまさん。カラフル。



アメリカのくまさん。自由の女熊。



地元フランスのくまさん。豪華。



ボリビアのくまさん。ってかもはやくまではない。シーサーに近い。



そして我らが日本のくまさん。ザ・シンプル。

右手に日の丸、身体には和歌が描かれています。









思わず横にいたおばちゃんに、

「すみません、写真を一枚撮っていただけますか?」とお願いしてしまいました。

「あらいいわよ、いいの一枚撮ったげる!」と心よくOKしてくれたおばちゃんでしたが、

携帯カメラの使い方全くわからず四苦八苦していました…。

「おかしいわね、画面が消えちゃったわ!!」

いや、おばちゃん、そこ電源ボタンやから…。

3枚のブレブレ写真、2枚のおばちゃんの手、1枚のおばちゃんの自撮り、

そして1枚の完璧なやつ撮ってくれました。

ありがとう、おばちゃん!!

自撮りは消しとくね。


ちなみに、描かれているのは森鴎外の

「まばらなぬ びんを秋風 ふく頃を わかゆと夢に 君は見つとや」という和歌で、

「夢の中で、私はまだ若く、私を見る君の髪を秋風がなびかせていた」といった意味だそうです。


そういえば、前回から、ブログのタイトルを五七五の川柳にしています。

タイトルをつけるのに毎回悩んでいたんですけど、

何かおもしろいテーマを決めてやりたいなと思って。

川柳とか俳句って「五七五」の17文字しか使えません。

すごく短い文で、そこからは最小限の情報しか与えらないわけですが、

それだからこそ、そこから情景が浮かんできます。

読み手の想像力でいくらでも世界が広がっていきます。

僕のタイトルからは…広がるかな?笑




それでは、エッフェルとセーヌに沈む夕陽のコントラストで今日はお別れです。



日仏交流コーディネーター
山田 剛士

5 件のコメント:

  1. 最後の絵を額に入れたいほど気に入りました:)) nao

    返信削除
  2. コピーしてお部屋に飾ってくださいな:D

    返信削除
  3. ブログの内容とは関係ないけどT-YAMADAの居るセーヌ・エ・マルヌ県でマンモスの全身骨格が発見されたらしいね!!そっちでも話題になってるのかな?Yahooニュースで見てつい書いてしまったわ・・・。

    返信削除
  4. 僕もYahooニュースで見ました。こっちじゃ全く話題になってなせん!!笑
    んでT-YAMADAって!!笑

    返信削除