2012年12月17日月曜日

日曜日、ちいさな足と、まるい球。

時が経つのが早過ぎて困っています。

寿命を半分縮めてもらっていいから、その分一日を倍に伸ばしてもらえないかな。

どうも山田です。

さて、今日は日曜日の僕の活動について少しご紹介します。


10月初旬、僕が兄貴と慕うカズさんと再会しました。

写真を撮り忘れたので、これは4年ほど前の写真です。


彼は、僕が高校時代にフランスにサッカー留学していた際に大変お世話になった方で、

もうかれこれ8年来のお付き合いになります(そう考えると本当に時の早さを感じます)。

PSG(パリ・サンジェルマン)の下部組織でコーチをする傍ら、

自身が創設したサッカークラブ「NSC(Nippon Soccer Club)」で

パリ在住の子供たちを中心にサッカーを教えているカズ兄さん。

彼から「NSCで子供たちにサッカーを教えないか」とお話をいただきまして、

まだまだ「コーチ」やなんて大きな声では言えないほど未熟者ですが、

毎週日曜日に子供たちにサッカーを教えています。







幼稚園児から中学生まで、全員で150人以上の子供がいます。


正直なところ、最初はお断りしようかと思っていました。

週末は友達と遊んだり、どっか旅行に行ったり、あるいは体を休める時間にしたかったので。

でもやっぱり僕も根っからの「サッカー馬鹿」です。

子供たちが楽しそうにボールを追いかけてる姿を見ると、いてもたってもいられませんでした。

何より、「人生の恩人」であり「尊敬するサッカー馬鹿」であるカズ兄さんの頼み、

何か僕にできることがあるのならと思い引き受けさせてもらいました。


僕をここまで育ててくれたのは「サッカーとおかん」やと思っています。

仲間を思いやること、他人に敬意を持つこと、モノを大切にすること、努力すること、

信じること、諦めないこと、希望を持つこと…などなど、

サッカーに教わったことは数え切れません。

サッカーに助けられ、サッカーに苦しめられ、サッカーで喜び、サッカーで泣く、

それがぼくの青春時代でした。

本当に20歳頃までの僕の頭にはサッカーしかなくて、

だからテレビゲームやマンガ、アニメ、お洒落、女の子との色恋沙汰など、

普通の思春期が夢中になるものが僕にはありませんでした

(今でもそれらに疎いのはそのせいです)。

それらで得られる楽しさや喜びはすべてサッカーで得られたからです。


これから、毎週日曜日の少ない時間ではありますが、子供たちとサッカーをすることで、

技術を教えたりはもちろんですが、サッカーの楽しさを感じてもらえればと思います。


それでは、昨日あったNSCクリスマス会での山田とサンタのコラボでお別れです(笑)



メリークリスマス!!


日仏交流コーディネーター
山田 剛士

0 件のコメント:

コメントを投稿